今日の頑張りが明日のごはん

小ネタと雑記を織り交ぜた20代・30代のためのライフハックブログ。

【2018年J1第1節レビュー】ジュビロ磐田、BKBこと川崎の長老・中村憲剛の前に屈す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:nanatake7jp:20180226134902j:plain

こんにちは。

Jリーグ開幕に浮かれ切っているなかC(@nakaC_mcz7)です。

浮かれた気持ちは完全に折られましたがね!笑

 

 

遂にJリーグが開幕しましたね!

楽しみな1年の始まりです。

今回から可能な限り毎節、J1の振り返りを書いていきたいと思います。

まずは第1節、僕の贔屓チームジュビロ磐田と、王者・川崎フロンターレの一戦を中心に振り返っていきたいと思います。

またフォーメーション等はゲキサカの記事を引用させてもらいます。

 

 

第1節:王者vs古豪

静岡のエコパスタジアムで相見えた両雄。

スタメン、布陣はこんな感じです。

磐田は昨季から引き続いての3-4-2-1システム。
新加入のギレルメを左のWBに据え、川辺駿が抜けたボランチの一角には名古屋からの新加入・田口泰士ではなく本職は攻撃的MFの山田大記を配置しました。

対する川崎はプレシーズンで好調だった大卒2年目の知念慶を1トップに大抜擢。昨季得点王の小林悠は右のワイドに周りました。

川崎はこの試合までに公式戦を3試合(ゼロックス杯、ACL2試合)消化しており、その結果はなんと3連敗。非常に重苦しい雰囲気で開幕を迎えました。

 

そんな中始まったこの一戦。

勝負を分けたのは、川崎の長老・中村憲剛のパフォーマンスでした。

 

磐田は中村憲剛を止められず、1ゴール2アシストを許してしまう始末。

結果は3-0。川崎の圧倒的大勝でした。

 

ジュビロの視点:敗因は?

非常に辛い敗戦です。つらい。かなしい。

なんとかやる気を振り絞って、敗因を考えてみましょう。

 

ボランチに空いた穴

まず挙げられるのが川辺駿の抜けた穴の大きさです。

昨季のジュビロは30失点とJ1最少失点を誇っていましたが、どこを相手にしても崩れない鉄壁のディフェンス!という感じではなく、全員のハードワークとカバーリングを軸とした、何とも絶妙なバランスの上で成り立っていました。

ここでカギとなっていたのがダブルボランチのムサエフ川辺です。

この2人は豊富な運動量を武器に、ボールホルダーへのプレスから、被カウンター時のプレスバックまで、ピッチを縦横無尽に駆け回り、随所でプレッシャーを与えていました。このことにより、昨季は守備が大崩れしませんでした。

この川辺が退団したことは、非常に大きな穴を作ることになってしまいました。

 

そして今季開幕戦、名波監督はムサエフの相棒に本来は攻撃的MFである山田大記を抜擢しました。山田の攻撃的センスは疑いようもありませんが、守備面ではやや頼りないという印象です。

試合が始まってみると・・・山田は守備では戻り切れず、攻撃でも前まで顔を出し切れず、なんとも中途半端なポジショニングに終始し、完全に消えてしまっていました

昨季までなら川辺が戻ってプレッシャーをかけられていた、という場面でもやはり山田の姿はなく、川崎に自由を与えすぎてしまったのかなと思います。

左WBを務めた新加入のギレルメもフィットしきっていないのか前半は戻りの遅さ、連携の悪さが目立ち、よりバランスを悪化させていました。

絶妙なバランスの上で成り立っていた守備は、これで完全に崩れてしまいました。

 

後半、ボランチが本職の田口が入り、フォーメーションが4-2-3-1に変わってからは非常に機能していたように思います。田口の下がり目の位置でボールを散らしつつ、機を見て前に攻め上がるプレーはまさに前半足りなかった部分でした。

移籍してきて最初の公式戦でしたがフィット感も十分。今後はチームの主軸となることが期待されるデビュー戦でした。

後半から1列前でのプレーとなった山田も水を得た魚のようにプレーが一変。
攻撃に絡んだ時の彼はやはり別格ですね。惜しいシュートもあり、前半の消えっぷりは何だったのかというくらい良いプレーを見せてくれました。

後半のサッカーが比較的良かっただけに前半が悔やまれます。

結果論ですが、前半から田口をボランチで使っていれば・・・

 

セットプレーの守備

昨季J1最少失点だっただけに忘れられがちですが、磐田はセットプレーの守備が弱いチームでした。昨季もセットプレーからの失点が1番多いですし、降格した2013年シーズンは全失点の1/3以上がセットプレーからでした。

今季は初戦からその悪癖が出てしまいました。
キッカーが良いチームと対戦するとセットプレーの弱さが露呈してしまいますね。

そして高さが不足しているのも問題です。

DFラインは大井181㎝、高橋180㎝、森下178㎝と非常にサイズ不足。

欲を言えばハイボール、クロスに強い185㎝超えの長身CBが1人くらいほしいところです(神戸の岩波*1欲しかった…)。

 

長老のモチベーションを褒めよう

川崎の長老・中村憲剛。
もう彼を褒めるしかありません。

後ろからの飛び出しで完全に裏に抜けてヘッドでの先制点。

完璧すぎるキックでの2アシスト。

凄い。これが一昨季のMVPにしてBKB*2の力か。

技術もさることながら、彼の開幕戦に懸けるモチベーションは他の誰よりも高かったように見えました。

優勝した次のシーズン、ただでさえ難しいシーズンに公式戦3連敗と苦しい船出をしてしまったチームを変えられるのはリーグ開幕戦のここしかないと、彼は分かっていたのでしょう。前半からフルスロットルでした。

その結果が1ゴール2アシストという結果。ただただ彼を褒めるほかありません。

 

__________

 

ざっくり振り返ってみましたが、前半で勝負あったな、という感じでした。

苦しいスタートですが、まだまだここからです。

残りは33試合もありますからね。

 

 

他の試合をざっくり振り返る

磐田と川崎の開幕戦を振り返ってみましたが、他にも何試合か見ていました。

なのでそれらの試合もざっくり雑に(笑)、振り返ってみます。

 

鳥栖vs神戸

前半ポドルスキが実質アンカーという爆裂っぷり。

後半のハーフナー&ウェリントンのツインタワーは怖すぎでした。

吉田豊はチート。強すぎ。代表狙えます。

 

G大阪vs名古屋

ガブリエル・シャビエル上手すぎィ!!
ジョーも上手い。ランゲラックも上手い。なんだこのチートチーム。

ガンバの伝統、及び風間サッカーの信条はノーガード。
ノーガード同士が殴り合った面白さは抜群でした。

ガンバの福田、中村に名古屋の菅原と高校生が3人も出場。
明るい未来はここにある。菅原くん高2であのレベルはヤバくないですか?

 

仙台vs柏

柏のリッチな攻撃陣が全部止まる。仙台の粘りが光っていました。

伊東純也はやはり上手い。あとは最後の精度だけですね。

板倉の得点力は異常。ほしい。

 

 

次節の見どころ

次の磐田の相手は、えげつないブラジル人トリオを擁する名古屋。怖い。

この文章を書いていてGIANT KILLINGの名古屋と完全に一致してるやんと思いました(笑)

 

 

ジョー、シャビエル、ホーシャ、そしてランゲラック。

名前だけ見たら完璧に敗北間違いなしですが、今節を見る限り名古屋のサッカーはノーガードなので守り切れれば可能性はありそうです。

今節3失点しているうちが守り切れるのかどうかは分かりませんが・・・泣

非常にいいプレーを見せてくれた田口が、古巣相手にどう立ち回れるかが大きな見どころとなるでしょう!

 

 

 

こんなところです。

まだまだ始まったばかりのJリーグ、来週も楽しみです!

 

 

 

 

僕のJ1順位予想はこちら

www.ashitanogohan.com

 

 

*1:浦和に移籍した

*2:僕、川崎の、バンディエラ