今日の頑張りが明日のごはん

小ネタと雑記を織り交ぜた20代・30代のためのライフハックブログ。

【書籍レビュー】進撃の大先生 君の名は、アキラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

こんにちは。

皆さんは尊敬している人物、いますか?

僕はいます。

この方です。

 

 

 

 

みんな大好き、池上彰大先生です!

そんなみんなに愛される教養モンスター、池上大先生。僕もすっかり信者です。

僕がなぜ池上信者となったのか。

ざっくり説明しようと思います。

 

 

出会いは突然に

池上大先生については、テレビなどで見てなんとな~く知っている、そんな感じでした。

しかし、ある時一冊の本と出合います。

それがこちら。

 

 

『おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?』

 一言でいうと、名著です。

 

僕はあまり学校の勉強は得意ではありませんでした。

月並みですが、英語や数学が何の役に立つの?と思っていました。

唯一日本史は好きでよく出来ていましたが、それも世の中役に立つわけでもなく。

世の中に出て恥をかかないための、本当の『教養』を身につけたい!

そう思っていた中で出会ったこの本。

 

内容はこんな感じです(本の紹介文から引用)

現代の教養とは「自分を知ること」です。
あなたがいま、身につけるべき教養とは何か? 
「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。
この7科を貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識。
7科目のエッセンスを講義形式で明快に説く。
将来かならず生きてくる「教養の本質」が一気に身につく!

 

今まで生きてきて、「宗教」や「病気」についてまともに学んだことはありませんでした。

新鮮、かつ生きていく上で知っておきたいと感じる内容。

これが池上彰・・・!

知識の吸収が気持ちいい・・・!

小学生の時はこうやって新しい学びを得るのが気持ちよかったんでしょうね。

中学、高校と進むにつれてテストでいい点を取るための勉強に終始して、学びを得る楽しさを忘れてしまっていたような気がします。

こうして池上大先生に落とされた僕。

ようこそ、池上パークへ!

 

 

大人気シリーズは時事問題の教科書

『おとなの教養』ですっかり池上信者となった僕。

次に手を出したのは、シリーズ化されて久しい、時事問題についてのバイブルでした。

 

 

『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズ。

 

ニュースをでよく聞くけど、実際のところよく分かっていない。

そんなことって多いですよね?

そこをピンポイントについて解決してくれるのがこのシリーズ。

僕が最初に読んだこのNo.6では、イスラム国についての章がニュースを理解をする上で非常に役に立ちました。

池上大先生・・・分かるよ・・・

俺、ニュースが分かるよ・・・!

 

現在はNo.8まで出ているこのシリーズ。

読めば読むだけ時事問題に詳しくなれるでしょう。

就活を控えた大学生にもお勧めできますね。

 

 

池上彰の生き方をトレースしよう

知識・常識の宝庫、池上大先生。

いったいどうやったらこんなに教養マスターになれるのでしょうか。

池上信者としては、大先生の知識の仕入れ方も気になります。

そこで、出てくるのがこの本です。

 

 

『僕らが毎日やっている最強の読み方』

池上大先生と佐藤優氏の、書籍、新聞、雑誌等の読み方、付き合い方が列挙されているこの本。

 

はっきり言いましょう。凄すぎて真似できません

もちろんスーパーな大先生、言うなれば殿上人。我々がそうそう真似できるわけがないのです。

「新聞は6社購読しています」
「駅でさらに2つ買い足します」
「電子版等も合わせると全部で11社読んでいます」

もうこの時点でね。普通の人なら新聞紙に埋もれて息絶えます

 

じゃあ何も得られないじゃねーかって?

いえいえ、この本で参考とすべきは書籍や新聞との向き合い方です。

 

教養を得るために必要なのは何か?

良著とは何か?

何故古典が大切なのか?

 

この本を読めば、きっと世界史Bの教科書が欲しくなるでしょう。

僕は買いました。

1年で4ページも読んでしまいました。

 

 

君も池上信者になろう!

彼に出会い、池上パークの住人となり、信者となり。

僕は必要な教養を身につけつつあるのではないかと感じています。

池上大先生の言うことを、とりあえず信じて走る。

信者になれば途中までのレールは敷かれます。

生き方に迷っているそこのあなた。

池上信者になりませんか?

池上大先生はあなたのことを見捨てません。

池上大先生とともに、この激動の時代を走り抜けましょう!!

 

 

 

 

 

 

なんだこの宗教臭さ。

何事も、ほどほどにね。

自分の目で、常識を見極めよう。

教養のきっかけに、使おう池上彰。