今日の頑張りが明日のごはん

小ネタと雑記を織り交ぜた20代・30代のためのライフハックブログ。

【映画レビュー】歓喜から20年 『ジョホールバル1997』が情熱を蘇らせる【フットボール映画祭】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。

なかCです。

先日、2月12日にヨコハマ・フットボール映画祭に行ってきました。

 

 

そこで観た『ジョホールバル1997 20年目の真実』という映画が素晴らしかったので紹介したいと思います。

 

 

どんな映画なのか

f:id:nanatake7jp:20180214232107j:plain

ジョホールバル1997 20年目の真実

上映時間:約120分

監督:植田朝日

出演:岡田武史、井原正巳、岡野雅行、名波浩、呂比須ワグナー、山口素弘

あらすじ:

日本の歴史を変えた「ジョホールバルの歓喜」から20年。
その中心にいた選手や監督による、今だから明かせる秘話、そして、日本代表ヘの想い。。。。
そもそも、あの異常とも言える熱狂は何だったのか⁇ ワールドカップ出場が当たり前になった今だからこそ、産みの苦しみを再確認するドキュメンタリー。

引用:http://www.corazon.world/2018/01/30/20180130johorbahru1997/

 

なんと言ってもまず、出演者が凄まじい

岡田監督に当時のキャプテン井原正巳、そして97年当時の主要メンバーたち・・・

この名前の並びを見るだけで豪華さに圧倒されます。

 

この作品の監督は植田朝日氏。

日本代表のゴール裏を取りまとめる「ウルトラス・ニッポン」の立ち上げ当時の中核メンバーの1人です。

日本サッカー界に深く関わる植田氏だからこそ、深掘り出来る内容になっています。

 

映画は

「植田氏がジョホールバルのスタジアムに向かう旅」

と、

「当時の選手へのインタビュー」

が交互に繰り返される形で進んでいきます。

 

 

見どころ

野人岡野

見どころはやはり選手へのインタビュー。

先陣を切ったのは野人・岡野

岡野のインタビューの感想はですね、

 

 

岡野おもしれーーー!!!

 

 

です(笑)

いやはや流石は野人。自由か。

インタビューは笑いなしでは見られない必見モノ。

今までに知られたエピソードがメインではありましたが、やはり岡野本人の口から語られると面白いですね。

 

天才名波

そして次に注目したいのが当時の日本代表で10番を背負った天才レフティ名波浩

僕はジュビロ磐田というJリーグのチームが好きなんですが、今現在そこで監督を務めているのがこの名波という男。

もうね、我らが大将ボスゴッドファーザー

完全に畏敬の対象なのです。

そんなゴッド名波へのインタビュー。

 

 

名波「日本代表の10番めっちゃ嫌だったわ~」

 

 

ぶっちゃけおったな!!!

ドヤ顔で10番背負ってるのかと思いきや、嫌々背負っていたとは…(笑)

放送できるのかギリギリのトークも飛び出るなど、流石は我らが大将名波って感じでした。

 

首領岡田

そして最注目は岡田監督

今まで語られなかったジョホールバルのVゴールの後のやりとりが明かされます。

いや、今回これが一番びっくりしたんですけどね。

 

あの試合を裁いていた審判が、

Vゴール方式を分かってなかった

ってインパクトやばすぎません???

 

そしてそれに乗っかって、相手のイランの監督が、

試合を再開するように迫ってきた

とか流石にもうカオスすぎるwww

 

あまりにもぶっとんだ内容で笑ってしまいました。

20年前とは言え、流石に審判の質どうなってんだ・・・(笑)

 

 

見終えて感じたことまとめ

f:id:nanatake7jp:20180215180458j:plain

  • 内容は今まで世に出たものが多い
  • 本人たちの口からフランクに語られるので面白い
  • 名波や岡田監督からの新証言あり
  • 植田監督のジョホールバルへの旅はおまけ
  • 野人岡野は野人

 

全体を通して笑いあり、感動ありでとても充実した作品でした。

ジュビロファンとして、名波さんに一生ついていこうと思いました(笑)

これ、BSとかでドキュメンタリーとして放送されないかなぁ。

 

全てのサッカーファンにおすすめ出来る作品です。

もしどこかで見る機会があれば、ぜひとも!